読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記

映画のこと、それ以外の書きたいことを毎日書いています。

雨の日は会えない、晴れの日は君を想う

西川美和監督の「永い言い訳」とほぼ同じ設定。

 

突然の交通事故で、妻を亡くした夫のお話。

 

主人公、ディヴィス役はジェイク・ギレンホール

 

周囲のことにほとんど無関心だったディヴィスだが、行動力はハンパない。

 

赴くまま手紙を書いて、壊して、踊って。

 

やっと妻への気持ちに気づいた彼は、また愛すべて誰かに出会ったら、今度は大切にできるかな。

 

 

1日は映画が1000円か1100円で鑑賞できる。

9:40 「たかが世界の終わり」@武蔵野館

 

12:05 「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」@新宿シネマカリテ

 

15:20 「ラ・ラ・ランド」@TOHOシネマズ新宿

 

至福の映画デーでした。

 

f:id:chloebon:20170301210131j:image

リアリティのダンスのことを考えてた。

私は父に「ここにいていいんだよ」って言って欲しかった。

母に「恐ろしいことなんて何一つ無いんだよ」って言って欲しかった。

現実に私の居場所はなく、現実は私を不安にさせる。


今やっとわかった。

生まれた時からずっと、今にいる。

現実はただ聴こえ、感じ、匂い、見えるだけ。

真っ白の現実に、恐怖という色をつける自由が私にはあった。


だから、誰かにここにいる許可をもらう必要はなく、恐怖という色に飽きたら、違う色をつければいいの。